MENU

【赤裸々】彼氏や旦那が真性包茎で嫌な思いをした女性達の声

冴えない男性

女性は真性包茎に対してどんな感想を抱くのでしょうか?ここでは私の知人や結婚している若い奥様達複数にインタビューしてみて聞いたリアルな包茎に対する本音を紹介します。

 

ズバリ痛いところを突かれて気分を害されてしまうかもしれませんので、閲覧は自己責任でお願いします

 

当然一部の声で、ここで紹介するのが世のすべての女性の意見ではありません。参考程度にご覧ください。

 

中々聞きづらい事でもあり話づらい事でもあると思うのですが、彼女たちは本音で良く話してくれました。

 

でわ、最近の若奥様達の包茎に対する評価をご覧ください!

 

【CHECK】当HP経由で選ばれている病院はどこ?

衛生面の問題を挙げる声

悩みを打ち明け開き直る女性

池袋在住の20代若奥様は旦那さんが真性包茎で、病気のリスクなどを考えるととても心配だと言っています。

 

もし旦那さんの真性包茎が原因で「性病」になればそれは大変なことですし、もし友人等に知られてしまえば自分も恥ずかしい思いをするのではないか、そんな不安を抱いているそうです。

 

「人の不幸は蜜の味」です。旦那さんが泌尿器科に通う、又は奥様が産婦人科に通う姿などを知人に見られようものなら大変です。

 

「妊娠じゃないのに婦人科?あの夫婦、どちらかが不倫をしてるわよ!」なんて陰口を叩かれるのは日を見るよりも明らかです。

 

旦那さんには健康的に過ごして欲しいという気持ちと、自分まで性病になるなんて冗談じゃないわよという2つの気持ちが入り混じった状態ということです。確かに真性包茎は性病のリスクがありますから心配するのも仕方ありません。

 

また、別の20代の主婦は力仕事をする旦那さんの臭いが悩みだそうです。体臭ではなく、陰部からの生ごみのような臭いが苦手なのだそうです。

 

ちなみに、これは恥垢(ちこう)が蒸れて雑菌が繁殖した際の臭いですね。真性包茎は亀頭部分を露出して洗うことができないため恥垢が溜まり、臭いの原因になります。

 

旦那さんの職業柄、陰部が蒸れやすいのも加勢して、旦那さんの包茎は雑菌が繁殖しまくっているのでしょう。

 

自分にも経験があるので想像が付きます。彼女がペニスの臭いに大きなストレスを抱えるのも無理が無いでしょう。それを口に含むなど想像するだけで気の毒です。

 

彼女曰く、性格は本当に素敵で好きだが冗談抜きで臭いのせいで別れることも考えているとのことで相当な不満になっているようです。

 

性行為に関しても最近は「それとなく断るようにしている」とのことです。寂しいですね…。結婚する前に嫌だと思ったことは無かったのかと聞きましたが、独身の頃は気にならなかったのだとか…(謎)。

 

愛は盲目、痘痕も靨(あばたもえくぼ)と言いますが、恋のマジックで無意識的に気にしないようにしていたのでしょうか…?

 

結婚したからペニスが臭くなるとか無いだろ、普通気づくだろう…とか思ってしまいましたが…。

 

男性としても清潔にしたくてもできない状態なわけですから、旦那さんが自分のペニスの臭さに気づいているかどうかは分かりませんが、いずれにしてもお互いに非常に辛い状態でしょう。

性生活の問題を挙げる声

彼氏と付き合い始めて3年になるある女性は性生活に不満を抱いているそうです。

 

性生活を拒む女性

 

付き合ってからの3年間、彼氏との性生活に満足したことは1度もなく、それもすべて真性包茎が原因だとの事です。

 

女性としては快感が得られにくく、また彼氏も性行為時に痛みを覚えるためそれが気になって集中できないとのこと。

 

彼氏さんは結婚も考えているようですが彼女としてはこの人と結婚して本当に幸せになれるのかわからず、子作りがきちんとできるのかもわからず不安だということです。

 

性生活は男女が一緒に生活するうえで欠かせない要素です。ここの相性が悪いと関係に大きく響きます。性生活が愛を確かめ合う手段としての役割は、カップル関係において非常に重要な地位を占めています。

 

普段の生活で多少の食い違いなどが起きても、ベッドの上で愛し合い愛を感じる事で大概のイザコザは解消されてしまいます。「仲直りのH」とか言われたりする、あれですね。

 

男性はもちろん、女性だって満足したいと考えていますから真性包茎を放置するのはパートナーにとっても良くないのです。相手が真性包茎だったことで辛い思い、嫌な思いをしたという女性は少なくありません。

 

真性包茎は自分の健康を守るためにも、恋人や妻と円満な生活を送るためにも治療をするべきでしょう。

 

特に女性は包茎に対する知識が少ないため男性以上に不安を覚えたり、嫌悪感を抱いたりします。意味もなく性性格を拒まれ続けている、そんな男性は自分の包茎が相手を遠ざけているかもしれません。

 

真性包茎が原因で女性に嫌われてしまった、なんてことがないようにしっかりと対処するようにしましょう。

 

包茎手術病院ランキング

真性包茎を自力で治す色々な方法

真性包茎を治す方法としては手術が一般的ですが、自力で治す方法もいくつかあります。真性包茎は出口の皮が狭いことが大きな原因ですので、皮を拡げるタイプが自力で治す方法の中では一番理にかなっているかと思います。

 

ペニス増大サプリなどは仮に大きくなったとしても出口から更に出せなくなるだけなので、ガチガチの真性包茎の方には効果は薄いでしょう。

 

仮性包茎とかカントン包茎気味の場合にはペニスが増大する事で露出させる効果は期待できるかもしれませんが…。いずれにしても、兎に角、手術したくない場合は以下のような方法があるので参考にしてみて下さい。

矯正器具を使う

ラブラブカップル

手術以外の方法でもっとも定番と言えるのが矯正器具での治療です。

 

仕組みはシンプルで、矯正器具を使って余った皮を剥いて癖付けていくわけです。

 

器具にも色々な種類がありますがたとえばペニスに装着して皮を剥いていくリングタイプの器具や、普通の下着のように履くだけで矯正されるもの、皮を剥いた状態で固定するタイプのものなどが主流です。

 

どれも手軽で、基本的には装着しているだけで矯正効果が期待できますので自分で真性包茎を治したいという方には最適です。

 

ただし、使い方がそれぞれで違いますので矯正器具を使う場合は使い方をよく確認すること、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

 

自分に合わないものだと思うような効果を感じられないこともあるので選択肢の多さはメリットでもありますが、時にはデメリットにもなってしまう可能性があります。

 

そのことを考えるとやはり手術が確実な方法と言えるのですが予算の都合や手術への抵抗などもあるでしょうからしっかり検討して治療方法を決めましょう。

その他の方法について

サプリメントを持つ女性

矯正器具を使う方法以外にも、ペニス増大サプリを飲んだり、包茎改善マッサージをしたりする方法があります。

 

矯正器具はタイプによって治す方法がそれぞれ違いますのですべてを合計すると5種類ほどの治療法があることになります。

 

ペニス増大サプリはペニスの大きさをアップさせることで自然と皮が剥けるようになる方法で、ペニスのサイズに悩んでいる方にとっても改善効果が期待でき、さらにサプリメントですから安全面でもリスクが非常に少ないため最近注目を集めている方法です。

 

矯正器具が自分に合わない時や手軽に包茎を治したいという時にはぴったりの方法でしょう。

 

マッサージも同様に毎日マッサージを行うだけで治療効果が期待できますから手軽です。自力で治す方法はどれも比較的簡単に始められるのが特徴になっています。

 

こうした方法で治せなかったら手術を考える、というのも良いと思いますのでまずは自分で治せないかどうかチャレンジしてみましょう。

 

いずれにせよ真性包茎は病気のリスクなどを考えてもなるべく早期に治療してしまった方が良いのは間違いないので自分に合った方法を見つけて男としての自信を取り戻しましょう。

矯正器具(キトー君)の特徴や効果など

包茎グッズキトー君とは真性包茎を矯正する器具の1つで、今注目を集めています。出口を拡げると言う点で自力の矯正法としては最も理にかなった方法ではないでしょうか?

キトー君の特徴

キトー君最大の特徴はなんといっても真性包茎を矯正できる点でしょう。これまで仮性包茎を矯正できる器具はたくさん出ていましたが真性包茎を対象にした器具は非常に少なく、手術で治すというのが一般的でした。

 

しかしキトー君は自力で真性包茎を改善できるとしており、この点が注目を集めた理由です。

 

真性包茎は病気になるリスクもあり、性行為も痛みを感じてできない場合があるなど早期の治療が求められます。

 

とはいえ手術となれば費用も気になりますし、なにより性器を手術することに抵抗を覚える方も多いはずです。

 

そんな中で器具を使って真性包茎が治るとすればそれはたしかに魅力的で、大きな特徴になります。

 

器具といってもハサミ状の器具を1つ使うだけで面倒もなく、毎日簡単に使い続けることができます。矯正の手間がかかりすぎると長続きせずすぐに挫折してしまうものですのでこの手軽さもキトー君の特徴の1つでしょう。

 

手術のように即効性はありませんが手術以外の方法を検討している方にとっては十分な価値があると思います。

キトー君の仕組みと効果について

では、キトー君はどうやって真性包茎を治していくのでしょうか。キトー君はハサミのような形をしていて、先端部分は折れ曲がったように角度が付いています。この先端部分を余った皮にひっかけるようにして広げ、皮を伸ばしていく仕組みになっています。

 

これにより剥くことができない皮を最終的に剥けるようになるまで伸ばしてしまおうというわけです。

 

そのためキトー君は皮そのものを切除したりはしません。伸ばすことでいわゆる仮性包茎のように、勃起時に皮を剥けるようにする形です。

 

実際に使う場合はキトー君で痛くない程度にまで皮を広げ、その状態のまま30分ほど固定します。

 

これを1日2回繰り返すことで早い方なら2週間ほど、遅い方でも1ヶ月ほどで亀頭部分を露出できるまでに改善されると言われています。

 

もちろん効果には個人差があり、相性がありますので必ず一定の効果を得られるとは限りませんがそれでも自分で真性包茎を治せるとすればそれは大きなメリットです。

 

インターネットなどで調べてみても一定の効果を感じられたという方はいますので効果を期待することもできます。

 

勿論、全く効果を得られなかったと言う声もありますので手放しに効果を期待するのは禁物です。

 

真性包茎を治す方法は限られていますので手術を選択しない、手術をする前に他の方法を試したいという方にはキトー君お勧めです。

包茎手術における泌尿器科と美容外科の違い

包茎手術を考えてどこで治療を受けるか探す中で、泌尿器科と美容外科の2つの選択肢がある事に気が付きます。

2つのクリニックの違い

総合病院

双方共に普段から頻繁に利用するものではありませんので、どのような違いがあるかについては分かりにくい所ですが、まず泌尿器科は尿に関連した臓器と生殖器の2つの部位に関する疾患を取り扱う診療科目です。

 

対象となる臓器については腎臓・尿管・膀胱・尿道などが挙げられ、また性器については陰茎・前立腺・精巣などが対象に含まれ、陰茎の皮被りに関しても治療の対象とされています。

 

また美容外科については一般的に整形・形成外科と同一と考えられており、性器に関する治療は行なわれていないようにも見えます。

 

しかしそもそもこの診療科目は人体の機能上の欠損や変形した部位に対して綺麗に整える事を目的としたもので、陰茎の皮被りついても診療の対象とされています。

クリニックのメリット・デメリット

医師風の男

このように二つの診療科目を比較すると治療の対象や目的において違いはあるものの、陰茎に対する治療では一致する部分もあるのですが、実際に包茎手術を行う上では大きな差異があります。

 

まず泌尿器科の場合は手術の費用が安い事が大きな特徴で、クリニックにもよりますがおよそ1〜3万円ほどで済むことがあります。

 

手術ともなれば多大な費用が掛かるものと思われがちですが、こちらの診療科目では健康保険を利用することができます。

 

健康保険を利用すれば患者負担は3割に留まり少ない費用で手術を受ける事が可能になるのですが、健康保険の適用を受けるにはハードルがあります。

 

それは包皮が完全に被ったまま自力では剥くことができない真性包茎や、包皮の口が狭く亀頭を完全には露出できないカントン包茎のみ適用される事になりますので、大部分の方が該当する仮性包茎の場合は安い費用で手術を受けることはできないのです。

 

その一方で美容外科の場合は、病気の治療ではなく身体を美しく整えることを目的にしていますので健康保険は利用できず、治療費は全額が基本とされます。

 

そのため包茎手術に関しても費用が高くなるのですが、その一方で見た目を整える手術が第一の目的になりますので技術力があり、手術の痕跡が分かりにくく美しい仕上がりにする事ができます

 

泌尿器科の場合はどうしても治療が目的になりますのでこの点において大きな違いがあるのですが、美容外科のクリニックであれば費用は高いものの何より大切な質の高い手術を受けることができます。

 

このように双方にはメリット・デメリットがありますので、ご自身の状況や予算なども含めてどちらが良いか考えると良いでしょう。

 

包茎手術病院ランキング

包茎手術による包皮小帯の切除有無と効果など

包茎手術では余った皮を切除することになるのですがこの時、包皮小帯を切除するかどうか?これが1つのポイントになります。

 

包皮小帯とは亀頭の裏側部分にある筋のことで一般的には「裏筋」などと呼ばれています。包茎手術ではこの包皮小帯を切除する場合としない場合があるわけです。

包皮小帯の切除有無について

メス

包茎手術の時、必ず包皮小帯を切除するわけではありません。特に最近では切除することは非常に少なくなってきており、何か特別な理由がなければ切除することはまずないと考えて問題ないでしょう。

 

その理由となり得るのが皮膚のつっぱりです。余った皮を切除し包茎を治療するわけですが場合によっては包皮小帯によって皮が引っ張られる感覚があり、つっぱっていると感じることがあります。

 

これによって何か大きな問題が発生するわけではないのですがやはり気持ちの悪いものなので包皮小帯を切除してしまう形です。

 

現在ではこの理由以外で包皮小帯を切除することはほとんどないため、もし包茎手術の際に特に理由なく包皮小帯を切除しようとする医師がいるとすればその医師は古い考えのままだと考えられます

 

つまり包皮小帯を切除するかどうか、これはクリニック選びの判断基準の1つにもなるのです。

包皮小帯を切除することの効果

そもそもなぜ従来は包皮小帯を切除することが一般的だったのか、これはある効果が期待されていたからでその効果が早漏の改善です。

 

包皮小帯はいわゆる性感帯の1つとされ、切除することが感覚が鈍くなりこれが早漏の改善に役立つとされていたのです。そのため包茎手術をする時も同時に早漏を改善するためとして包皮小帯を切除することがよくありました。

 

しかし、最近の研究では性感帯になっているのは包皮小帯の奥に存在する組織で包皮小帯を切除しても性感は変化しないと考えるのが普通になってきています。切除しても切除しなくても同じですから切除せずに残しておくのが普通になったわけです。

 

切除しても問題ないのですが見た目の問題を考えると包皮小帯を切除することで包茎手術をしたことがわかってしまうなどのデメリットがあり、切除することはどんどん少なくなりました。

 

やはり元から体にあるものですから無駄に切除するのは良くないと考えるのが普通でしょう。

 

もし包茎手術を受ける時に医師から包皮小帯を切除すると言われたらなぜ切除するのかを確認し、自分自身が納得したうえで治療を始めるようにしましょう。

包茎で罹りやすい性病とその特徴

包茎、特に真性包茎だと性病に罹りやすくなってしまいます。健康面に多大な影響がありますので早期の治療が求められます。

 

私もクラミジアに一度感染した事があります。泣けますよ…。私の体験談も含めて性病と包茎の関係についてまとめました。

包茎で罹りやすい性病とは

グーサインをする男性

包茎の人が罹りやすい代表的な性病はなんといっても亀頭包皮炎でしょう。症状としては亀頭が腫れたり、膿が出ます。性病というと性行為をすることで罹るものというイメージが強いと思います。

 

しかし、亀頭包皮炎は性行為の有無は関係なく、ペニスを不潔な状態にしていると罹りやすい性病です。

 

包茎の場合、亀頭が皮に覆われていることで清潔に保つことが難しいためこの病気になってしまうケースが多いのです。

 

特に真性包茎は仮性包茎のように自分で皮を剥いて洗うこともできないためどうしても不潔な状態が長く続いてしまいます。真性包茎を放置することの最大のリスクとも言えるでしょう。

 

また、亀頭包皮炎になった人の多くが尿路感染症を併発します。亀頭や包皮で増殖した菌が尿路に入り、そこから炎症を起こしてしまうのです。

 

排尿時に痛みを感じるようになり、やはり包茎が発症の原因と考えられるため包茎でない方がこの病気になることはあまりありません。

 

この他にもクラミジアや尖形コンジローム、ヘルペスなどの性病が包茎が原因で発症すると言われており、包茎は精神的にコンプレックスになるだけでなく肉体にも悪影響を与えることがよくわかります。

包茎で罹りやすい性病の特徴

グーサインをする女性

こうした性病はすべてペニスが不衛生な状態になることが原因です。ペニスを常に清潔に保つことは性病予防の観点からも非常に重要なポイントなのです。

 

先程も触れたように真性包茎は皮を剥くことすらできませんので皮と亀頭の間に溜まった恥垢などを取り除くことができません。

 

本来なら入浴時に汚れや細菌を落とすことで「性病予防」になっているわけですが、それができないのですから性病のリスクはどうしても高まってしまいます。

 

これが包茎に関係した性病の大きな特徴でしょう。真性包茎は性行為を行うためにも治療の必要がありますが、自身の健康を維持するためにも治療しなければならないのです。

 

勿論、状態によっては真性包茎と言っても清潔に保てており、子供を持つことが出来ている人もいます

 

そういった場合は別です。しかし、一般的に言われる亀頭が露出せず、皮が癒着しているような状態の場合、包茎手術を受ける事が推奨されています。

 

仮性包茎の方は毎日皮を剥いてペニスを洗うように注意していればいいので手術で包茎を治すかどうかもコンプレックスの解消や自信を付けるためなど精神的な部分から考えていいのですが、真性包茎の方の場合はそうもいきません。

 

性病になってしまう前に手術で包茎を治療し、清潔な状態を保てるようにしましょう。包茎治療のメリットはいくつかありますが病気予防はその中でも特に重要なメリットです。

 

私も一度クラミジアに感染してしまったことがありますが、排尿の時に飛び上がるような痛みを感じます。本当、泣けるくらい痛いです。

 

2週間くらい抗生物質を飲み続けなければならないのですが、会社で人目を気にしながら飲む自分が滑稽で情けなかったのを記憶しています。性病なんて一生御免です。

子供の真性包茎の知識や対処法

男の子のお子さんがいる場合、包茎について気にしているご両親も多いのではないかと思います。包茎について正しい知識や対処法を知っていれば不安もなくなりますので十分な知識を得ておきましょう。

子供の真性包茎について

ネットで子供の包茎について調べる夫婦

生まれたばかりの男の子はみんな包茎の状態です。多くの子供はペニスが完全に皮に包まれており、亀頭部分が見えないこともほとんどです。

 

この段階ではまだ真性包茎とは言えず、今後の成長と共に皮も自然と剥けるようになっていく可能性があります。そうして思春期の頃には勃起時に皮が剥け亀頭が露出したり、通常時でも皮が剥けている状態へと変化していきます。

 

では真性包茎かどうかの見極めはどうすればいいのかというと、ポイントは5歳くらいになった時期です。

 

この頃になるとペニスと皮の癒着が剥がれ始め、皮を被っている状態だとしても手で剥いたりできるようになります。

 

仮性包茎と同じイメージだと考えればいいでしょうか。もしこの時期になっても皮の癒着がひどく、亀頭を露出させることができない場合は真性包茎の可能性を疑う必要が出てきます。

 

ある程度個人差がありますので焦ることはありませんが小児科や泌尿器科で診断をしてもらうなどの対応も考えるようにしましょう。

 

お子さんが思春期になると親がチェックするのは難しくなりますから幼児のうちにしっかりとチェックしておきます。

どんな対処法があるのか

仮性包茎の場合は清潔面でも特に問題がなく、性行為もできますのであえて対処しない方法もありますが真性包茎はそうもいきません。

 

皮とペニスの間に恥垢が溜まり、これが病気の原因にもなりますので早めに対処しておくことが肝心です。

 

真性包茎は手術で余った皮を切除する方法をはじめ、特殊な器具を使って皮を伸ばし剥けやすくする方法、ステロイドホルモンを使った方法などがあります。

 

お子さんの真性包茎を治療する場合は医師ともよく話し合って最適な方法を選ぶようにしましょう。

 

ステロイドホルモンを使った方法は痛みもなく、多くのお子さんで包茎の改善効果が見られることから最近主流になってきています。

 

手術などはどうしてもお子さんに大きな負担をかけてしまいますのでできるだけ負担の少ない方法の方が親としても安心です。

 

真性包茎は将来的にコンプレックスにもなりますので親が正しく判断して適切な対処をしてあげることは大切です。お子さんが気にし始める前に対処できれば精神的にもメリットがあります。

 

包茎手術病院ランキング